おトクに幸せ美容生活♪

関西在住二児のアラフォー母の、「お買い得」に翻弄される毎日

子連れでミュージカル!美女と野獣

とうとう、というか、やっとというか…

大阪に住んで3年、ついに見ることができました。
f:id:todosantan:20161119221901j:image

京都劇場で上映中の、美女と野獣です。

結婚前に福岡、京都で見て以来、どうしてももう一度見たかったこの演目。

 

転勤族だし、出産もあってなかなか上映している劇場に足を運べずにいました。

 

そしたら今年の夏休み、夫が

美女と野獣、京都に来るよ!明日からチケット発売です。」

と!

 

3歳次男はちょっと早いかな、ということで、5歳長男と行って来ました☆

 

子連れということで大人同士で行く10倍くらい疲れましたが、子連れならではのポイントを…

 

①座席は通路側、できれば最後列
f:id:todosantan:20161119222736j:image

今回の座席です。

京都劇場はファミリーゾーンが決まっていて、子連れはその中から席を選びます。

一階の後方数列と、二階前方数列がファミリーゾーン。

 

まだ年長さんの長男。

騒いだりはさすがにしませんが、長丁場のため(休憩込みで2時間50分)、途中で突然伸びをしたり、双眼鏡をちょっと上に上げたり。

後ろと隣に誰もお客さんがいない安心感は、何物にも換えがたかったです。

 

②トイレは行列覚悟で。

一階は多分一番混みます。

一階と二階の間の部分が、比較的ましかな…

男の子のお子さんならば、間違いなく男性用トイレを使うことをオススメします。

 

③ロビーの軽食を利用するなら開演前に

飲み物とサンドイッチ程度の軽食がありますが、ゆっくり食べていると休憩時間はあっという間に終わります。

子供をトイレにも連れていかないといけないし、食べるなら始まる前がいいですね。

 

行く前は大丈夫かな~?と思いましたが、何とか最後まで一度も外に出ずに鑑賞できました(^_^;)

長男も私に付き合わせちゃった感じですが、「面白かった!また行きたいなぁ」と言ってくれてホッ。

 去年からDVD見せといて良かったわ~

しかし、彼の興味は衣装や歌声ではなく、

「ガストンはどうしてテレビの時みたいに弓を持ってなかったの?」でした…

ソコナノ?

 

内容についての感想は別記事にて。